koyori/電ポルP完全プロデュースアルバム



koyori(電ポルP)


向日葵 / nameless / ダズビー / 柘榴


6/20発売 定価:¥2,400+税 TECI-1587



デビューから常に第一線で、良質なヒットチューンを連発しているボーカロイドクリエーター電ポルPの名曲を4名の女性ボーカリストが新録音。オケは、電ポルP自身が細部に渡って、再度構築した新ミックス。構想から1年の集大成的アルバム。

VOCALIST


向日葵


koyoriさんのサイノウサンプラーを初めて聞き、歌ってみたを投稿してから8年が経ちました。koyoriさんが長く活動してくださっていることも、こうしてアルバムに参加できたこともとても嬉しいです。心を込めて歌いたいと思います!


向日葵 twitter




nameless


koyoriさんの楽曲は心をつかまれるような素敵なものばかりで、今回そんな楽曲がいっぱい詰まったkoyoriさんのアルバムに参加することが出来てとても嬉しいです!皆さんの心をつかめるように1曲1曲大切に歌わせていただきます。


nameless twitter




ダズビー


2012~2014年の間、koyoriさんの曲をよく歌わせて頂いてて、注目されたりしたのですがまさかkoyoriさんの個人アルバムに自分の名前を載せられるなんて、本当に光栄です。このような大切な機会をもらえたのは皆様のおかげです!自分の最善を尽くしたいと思います!


ダズビー twitter




柘榴


koyoriさんの作品は小学生の時から耳にしており、とても思い出深いものがあります。自分がこういったアルバムに参加できている事が夢のようです。このCDを手に取って下さる皆様へ、koyoriさんの素晴らしい楽曲と共に、心の奥に響く歌を届けられたらと思っております。 


柘榴 twitter




REVIEW


アゴアニキ @agoaniki

皆知ってるあの曲やこの曲が新ミックスや個性豊かなボーカルによって超パワーアップしています。 1曲聴く事に「そうきたかー!」と驚きとワクワクの連続です。このアルバム6/20に販売開始ですって?やったー!!


上田健司(音楽プロデューサー ex.the pillows) @ueken830

とても良かったです。はりーPとの間柄から、こよりくんに繋がりました。やさしげなそのルックスに油断させられて、あなたの音楽にチョット触れたらパクッとイカれちゃいました。食虫植物のこよりくん、これからも元気にパクパクいっちゃってください。性格に見合わず、曲はわりと毒だらけで面白かったです(笑)


棚橋テルアキ(前略P / ELS) @ZenryakuP

koyori氏の楽曲を聞いている時、陶酔感と高揚感が同居する様なとても不思議な感覚を毎回覚える。 ギターリフ、シンセの音色の中毒性、その土台の上で歌い上げるボーカル達。 彼の音による深い陶酔感と飛び上がるような高揚感の提供はまだまだ止まらない。


たるとP @barreltaltor

アルバム発売おめでとうございますー! koyoriさんらしさ満載の楽曲に、素敵なボーカリストさんたちの歌声が合わさって、めちゃめちゃ良いアルバムになってますねー! 是非色んな方に聴いて頂けますように!


てにをは @edogawa_sampo

Tr.1の「奇怪起きた夏の戯に」というフレーズにいきなり気持ちを持っていかれ、早々にkoyoriさんとこのアルバムを信頼してしまいました。 僕がチョロいだけ? 否、そんなはずはない! 聴けば解る!


とあ @o0toa0o

ボーカル陣それぞれがしっかり光りつつ、ちゃんと完成形。koyoriさんの楽曲ごとのボカロの使い分けと、 その調声の絶妙さが大好きなのだけど、そんな「本家ボカロオリジナルが好き」って人にもぜひ聴いてみて欲しい1枚です。


ナユタン星人 @NayutalieN

電ポルさんは多種多様な曲調をつくるのにどれもが良いので「自分、こんな曲調もイケるやん、好きやん」と再発見させてくれるところがすごいです。侵略活動を開始する前は星にこもってひたすらボカロ音源を聴きまくっていたぼくですが、このアルバムはその時から大好きだった電ポルさんのあの曲もこの曲も欲張りにはいってるうえ、良さみ溢れたボーカリスト達によって新たな聴き応えもある。そんな全宇宙でマストな一枚になっていたので是非たくさんの地球人にきいてほしいと思いました。ナユタン星ではスキスキ絶頂症が人気です。


buzzG @buzz_g

常に新しく、無駄の一切ない最新のkoyoriサウンドはまるで鎌鼬のように鋭く、さり気なく、繊細で美しいと感じた。 その虹色の才能を持った表現者が描いた台本を蠱惑的とも言える女性ボーカリストたちが華麗に演じれば、 そこかしこで開演した舞台がまさにレゾナンス(共鳴)して体中に突き刺さってくる。 ポピュラリティの最前線でありながら、"世界を変えたい"というギラギラとした濃密な息吹が心臓まで届いてくるアルバム。


Tsubasa Harihara(はりーP) @harirozeo

koyoriさん『Resonance』発売おめでとうございます。 日頃から音楽にかける想いを話し合う中で、楽曲を制作する姿勢や費やす時間、その多くを共有させてもらってありがとう。 今回の作品を通して見えた”君の世界”は、自由で繊細かつニヒル。わんぱくな音に溢れていました。 時には光に影を落としながら進む13曲のアルバム。 曲の中を駆け回る主人公たちは、それを歌い上げた4名の素敵なシンガーによって最高の物語になっていると思います。 ラストの締めくくりはまさに「World on Color」この素晴らしい作品が皆さんの手に届きますように。


ピノキオピー @pinocchiop

「koyoriさんの楽曲はツボにはまるメロディと、王道にみせかけて少しひねりのある変態な所が好きで~す。 機会があれば、今まで撮った中で一番最悪な写りの電柱の写真を見せてほしいです。アルバム発売おめでとうございま~す!」


Moose @moose827

僕が初めてkoyoriさんの曲に出会ったのは1stアルバム「Arrive you」でした。いつも夏の夜道を歩きながら聴いていました。 曲に書かれた青春や恋の甘酸っぱさが心に沁みます。 今回の初ボーカルアルバムが一曲一曲どれも素晴らしい曲でした。ボカロとはまた違う感情や世界観を感じられると僕は思います。 是非たくさんの人に聴いてもらいたいです。素敵な曲を作ってくださってありがとうございます。そして、アルバム発売おめでとうございます! これからも応援しています。


みきとP @mikito_p_

koyoriさん。たまに会う君の真面目そうなところや、実は腹に一物抱えている様にも見えるところや、 時折みせる微笑が、全てこのアルバムに出ていますね。影が光るアルバムです。 ところでkoyoriさん転調のしかた教えてください。


yukkedoluce @yukkedoluce

まるで電柱が切り取る空模様。時に青く、時に赤い。一つとして同じ空はない。 しかしそのどれもが同じ一つの空の本にあることを知る。それぞれの歌と音は交ざり合うように響き、冠せられた名にふさわしく、共鳴する。

(五十音順・敬略称)